ケルン

このケルン滞在で宿泊していたのは、
ケルン大聖堂からライン川の対岸にあるホテル「ハイアットリージェンシー・ケルン」Hyatt Regency Cologne。

毎朝、ケルン大聖堂を眺めながら朝食を食べました!

普段、朝食は「米」派なので、毎朝パン食はちょっとキツかったけど…美味しいチーズ、食べ放題の生ハム&スモークサーモン、鮮度抜群の野菜と果物。スパークリングワインも飲めちゃいますw
ドイツでは、生の豚肉を食べる習慣があります。
ちょっと怖いけど、生肉好きの私…挑戦してみましたよ〜♪
赤身の豚肉を使っているので、あっさりしていて食べやすい!

ーーーーーーー

ケルンの旧市街を散歩


ケルンの定食屋さんでランチ(夜はパブ&レストラン)

やっと「米」に出会った!
ーーーーーーーー

ケルン市内を走るトラムに乗ってみた。

どこに行っても昼からビール飲んでるんだよね…w

ーーーーーーーーーー

NHKの番組「世界入りにくい居酒屋 ケルン編」で紹介されていた「ロミーの家」は、ホテルからとても近かったので、毎晩通いましたよ〜!
いろんな場所でケルシュを飲んだけど、ここのケルシュが一番美味しかったなぁ!
 地元の人御用達のお店だから、仕事帰りに一杯やってるケルンの人たちのリアルな日常に触れることができて嬉しかった。
一人で食べきれない名物「電話帳カツレツ」。ポテトサラダも美味しかったけど、とにかく量が多すぎて…残してゴメンなさい、、

ーーーーーーーーーーー

ホテルから一番近い駅「ケルン・メッセ/ドイツ駅(Bahnhof Köln Messe/Deutz)」に併設されているレストランにも行きました。
ここの「シュヴァイネハクセ(Schweinehaxe)」豚のスネ肉料理は圧巻!
またしても一人じゃ食べきれない…w

解体するとこうなります。煮込まれてから調理されているから柔らかいし食べやすいんだけど、量が…。。。

ーーーーーーーーーー

午後8時を過ぎてもこの明るさ。

さぁ夜はまだこれから!
旧市街の老舗ジャズライブバー。
とても有名なお店だそうで…この夜もほぼ満席。
おじいちゃんバンドによるジャズライブ。
演奏が上手くはないけど…汗、、
充実の表情で音楽を楽しむおじいちゃんたち。
素敵な老後だなぁ…♪

ーーーーーーーーーー

ホテルのバーでこの近くで作られたジンを飲みました!
トニックウォーターのデザインがイケてる♪
コンクールで、本場イギリスを抜いたという実力派のジンだそう。香りがあっさりしていて飲み飽きしなさそう。

そしてまたケルンの朝が来る。

ブリュッセル観光

「サン・ミッシェル大聖堂」から、
ブリュッセルのNO.1観光スポットである「グラン=プラス」へ。

ここまで少し怖い思いもしたけど、
ブリュッセル滞在数時間で、
ベルギー王国の華やかさに出会い続けている。

しかし…

この「グラン=プラス」…すごかった…grandplace

この360度美しい広場の中心でくるくる回ってたら、

め、め、眩暈が…

子供の頃みた絵本の中の世界。

でも、不思議な「圧」を感じる。華やかで煌びやかなこの広場が受け入れてきた歴史の重さだろうか…

そして、観光客もすごい…こんなにたくさんの人種を一度に見たのは初めてだ。

…世界は広いなぁ…

広場を後にして、路地を歩く…

ホッとする…。

何にも考えず広場に背を向けて歩いていたら、
中央駅の方に足が向いていた。

…なんだか疲れた…
もうケルンへ帰ろう…。

中央駅に向かう道の途中、この景色に出会った。
短時間滞在なのに、いろいろあったけれど、ここベルギーに来られて良かった…。

————–

再び中央駅。

ドイツに戻る列車が発着する北駅まで
私が持ってるジャーマンレイルパスで行ってもいいのだろうか?

往路と同じなら大丈夫なはずだけど、はっきりしない…

何はともあれ「中央駅ー北駅間の切符を買っておこう」と、
決めたけど、ブリュッセル市内交通の切符の買い方がわからない。

ドイツ鉄道(DB)アプリで調べたら、
次のケルン行きのICEの発車まで時間があまりない…早く北駅へ移動したい。

「もういいや、券売機で一番安い切符を買おう!」
切符を持っていれば、何か言われても「間違えた」と言えるし。

そうして、切符を何とかゲットしたものの、
今度はホームがわからない…
そういえば、ここから出てきたんだから、ここを下がれば…

あ、、、あった!

今度はどっち方面の電車に乗っていいかわからない…
間もなく発車する電車に飛び乗る前に、
みつけた駅員さんに聞いたら、

「こっちは逆、向こう側の電車に乗りなさい」と教えられた。

そして、何とか無事に…

ブリュッセル北駅のホームにICEが入ってきた時、心底ホッとした。


帰り道。車窓から見える景色に故郷・北海道を重ねて……

ケルン大聖堂

ケルン中央駅前広場。
この日は学生の器楽隊が練習パフォーマンスをしていました。

ここから振り向くと…

どーーーーーーーーーんっ!

「ケルン大聖堂」

駅の目の前にあります。
すごーく憧れてここに来て、あっという間に目の前にあって…
でも、あの…
この建造物に出会うまでもう少し”溜め”が欲しかった…(笑)

写真ではなかなかスケールが伝わりにくいですが、とにかく大きい!
下から上までフレームに収まらない…

そして中に入ると…

空気が変わる。
世界が変わる。

あまりにも大きくて…。
ぽつん。自分がとても小さく思える。

足元のタイル細工に時を流れを感じる。

横から見た大聖堂。

後ろから大聖堂。

 

 

世界遺産バンチェン2

ランチは、バンチェン村のおばちゃんたちの手作り郷土イサーン料理。

・ゲーンジュー ガイバーン(地鶏とタマリンド葉のスープ)
・ラープ ベッ (アヒルのラープ)
・サイグローク イサーン(イサーン風ソーセージ)
・パット キン ガイ(豚の生姜いため)
・カーオ パット(焼き飯)
・カオ ニャオ(もち米)

私たちの訪問のために、捌いてくれた地鶏のスープは、
臭みなく、しっかりとした肉の旨みが滲み出ていた。
自分の畑で採れた野菜や、ハーブ。

この土地の生命をいただきます。

観光客はまだ少なく静かで穏やかな村でした。

バンチェン遺跡。
博物館には、発掘作業の様子や出土品が展示されています。

ウドンターニーのホテルは
「ブラウンハウスホテル(Brown House Hotel Udonthani)」
部屋から見える沼には綺麗な蓮の花が咲いてました。
今回はプールを満喫する時間がなくて残念だった…