うまいもの 楽味

rakumi2_160604

2015年のビブグルマンに選出された
下北沢駅すぐの和食店

「うまいもの 楽味」

旬の野菜・魚介を使ったお料理。

品数が多くて、いつも何を食べようか迷ってしまいます。

そんな迷ってしまう時にオススメは、

お任せコース

料金は、4000円からで、

その日、美味しいところをちょうどよく見繕ってくれます。

今日は

1、蝦蛄エビ(メス子持ち)塩茹で
2、魚の皮のカリカリ
3、季節の野菜盛り合わせ(これが最高!)
4、甘鯛の焼き物
5、淡竹と山菜、揚げの煮浸し
6、生もずくの酢の物
7、白エビのかき揚げ

他にも、少しづつ、いろんな肴を出していただきました。

こちらに来ると、お酒が進みすぎる!!!

今宵は、
・生ビール
・鹿児島揖宿郡「晴耕雨読」
・新潟県佐渡市・加藤酒造「金鶴」を常温で4合

美味しい肴と美味しい酒、

少し厳しそうな大将と、ママさんたちの細やかな接客。

ゆったり日本の旬を味わいたい時にオススメです!

rakumi1_160604

ビストロ キンタ

kinta160609

Bistro KINTA
「ステーキ丼」&「MAGE Merlot-Syrah」

世田谷区民だった頃、
我が家に一番近かったビストロ。
10数年、
本当にお世話になりました。

テレビに取り上げられて、
連日大混雑だった時期からは、
たまにお手伝いさせていただき、
料理の勉強をたくさんしました…。

オーナーシェフのキンタ(金谷)さんの
作るメニューは、
どれも美味しくて、
お酒もすすんで…ついつい長居。

写真の「ステーキ丼」は、
絶妙な火入れの分厚いステーキ。
たっぷりのオリジナルクリームソースが、
お米に絡んで…
お肉の旨味と美味しいハーモニー♪

この旨味たっぷりこってりの丼と、
酸味と甘みのバランスのいい赤ワインが合うんだなぁ♪

津久井のワイン。

IMG_4149

太子堂「津久井」は、
創業40年を超える、
地元ファミリーに愛されるお好み焼きのお店。

数年前に改装されて、
ちょいっとモダンになったけど、
子供達がワイワイやって、大人が飲んでて…
という”地元感”好きだなぁ。

ここでは、
「ゲソ焼き」380円や、
「コーンバター」380円を、
自分で好みに焼いて味付けして、
つまみつつ、

2000円しないボトルワインをオーダーして、
氷を入れて、グビグビ飲む。

あっという間に、1本空いた…(笑 

男前ジョッキ。

IMG_4147

「とりビアー 三軒茶屋本店」

ここの「男前ジョッキ」は
800mlの生ビールで580円。…お得ね。

暑い季節、フラメンコレッスンの後、
水分補給に欠かせないお店です(笑)

オープンの頃から来ているので、
スタッフは、かなり入れ替わりましたが、
今も仲良しのスタッフの方にお引っ越しのご挨拶。

暑くなると、ここのビールが恋しくなるだろうなぁ…

ウィスキーキャット

IMG_4100

スコットランドの醸造所で、
ネズミなどの害獣から、
お酒の原料を守るために重宝された猫たちが、
“ウイスキーキャット”と呼ばれるようになったとか…

ここは、
下北沢のバー「WHISKY CAT」。

大好きなバーテンダー泉さんに引越のご挨拶。

泉さんの作るマティーニが好きです。

以前は「BOODLES GIN」ベースで、
作っていただいてましたが、
今は、この「LONDON HILL DRY GIN」
…ブードルズより少し軽めで爽やか♪

引越して、ちょっと離れるけど…
このマティーニに会いに来ますね!

蕎麦酒膳くら嶋

IMG_4212

太子堂
蕎麦酒膳くら嶋

ご近所の酒肴が美味しい蕎麦屋さん。。

こちらは、
日本酒も素晴らしいラインナップですが、私は、
よく、そば焼酎「佐久の花」の「そば湯割り」を頂いてました。

そば湯は、とろみのあるこってりしたタイプで、
お酒で荒れた胃に優しいから、二日酔いの昼飲みにぴったり♪

今宵は、熊本の馬刺しとともに…。

和楽互尊

三軒茶屋と下北沢をつなぐ道「茶沢通り」。

この周辺に住んで14年、
今回、別の区へ引越しすることになり、
お気に入りのお店を回ってご挨拶をしています。

今宵の「茶沢行脚」は、

下北沢「和楽互尊」

ここで、
麦焼酎にハマり、大分焼酎「由布岳」のファンになりました。

濃いめの
「由布岳ソーダ」と、

大好物の
「つくね」。

やっぱり、うんまいなぁ♪ yaya

IMG_4223