高雄5日目夜

この旅、高雄で過ごす最後の夜。

私が一番食べたい!と思っていた料理のお店に来ました。

劉家中華店酸白菜火鍋
高雄市前金區中華三路248號
07-2857899

長い煙突の鍋には、
酸っぱい白菜の漬物と豚バラがたっぷり入ってグラグラ煮立っている。
最初から具材がたっぷり入っていて食べきれるか不安…。

ここの店員さんは、観光客慣れしてないので、
言葉が通じない私たちを持て余し対応がいまいち。。

この鍋に関する勝手が全くわからず、
ファーストオーダーからいろいろ追加注文してしまって、
食べきれないほどの鍋材がならび大食い選手権状態、、汗、、、

さらに、食べ方も知らなくて、
最初のそのまま、ひたすら一生懸命食べ続けた…
そうして…
鍋底が見えたところでギブアップ、、、

だが、食後にトイレに立った時、
店の奥に「鍋用のタレ」数種が置いてあるのを発見。
ニンニクや、豆板醤、黒酢…コレいーじゃん!!!
教えてくれたら、飽きずに食べられたのになぁ…


でも、オーダーしてよかったNO.1は、
このすり身団子↑
かじってみたら、魚卵たっぷり♡
魚卵好きの私…食べてるのに思わずヨダレ(笑)

勢いでオーダーして、結局飲みきれなかったこのジュース。
オーストラリアで食べた「ベジマイト」(Vegemite)のような…。いや、嫌いではない。
しかし、満腹のこの胃袋は受け付けてくれませんでした。
残してごめんなさい。。。

台湾といえば、足裏マッサージ!

善水堂養生概念館 鹽埕館
高雄市鹽埕區五福四路128號
07-5217668

このお兄さんゴットハンドでしたー!(ご本人に撮影許可済み)

日本だけでなく、様々な国で足裏マッサージを受けてますが、このお兄さん、とてもとても上手でした。今夜が高雄最終日でなければ、毎日通いたかった…。


翌朝、早朝のフライトにもかかわらず、
高雄でお世話になったスタッフの女の子2人が見送りに駆けつけてくれました。
高雄の女子に人気の朝バーガーをお土産にもらいました。
朝早くから並んで買ってきてくれたそう…

高雄では、たくさんのあたたかいおもてなしを受けました。
「おもてなし」は、日本の言葉だけど、
どの国でも、客人をもてなす想いはあって、
ここ高雄はその意識の高さにとても驚き、そして癒されました。

初めての台湾。
素晴らしい出会いに心から感謝。

高雄5日目午後

台湾に来てからお腹が空いてる時間がない(笑)

午後は高雄観光散歩。
超定番の観光地「蓮池潭」の「龍虎塔」登ってみましたよー!

私は高所恐怖症なので、
本当は登りたくなかった(笑)
とてもいい天気!外はとても気持ち良さそう…
…でも、無理ーーーっ、、、真ん中の螺旋階段から離れられず…


これが限界です、、、
登るのも怖いけど、降りるのも怖いんだ…

さぁ、気をとりなおしてお散歩再開だ!

台湾の寺院は煌びやか♪

少し歩いて、お腹の隙間ができたなら…

永和小籠湯包
鹽埕區鹽埕街33號
0912-436-908


完全な野外食堂。
日本人観光客にも有名なお店らしく、
他のお客さんも日本人でした。

清潔とは言い難いですが…
シンプルに、これぞ地元の『小籠包』!
飾らない素朴な味わいに癒されました…。

高雄5日目午前

5日目の朝は、ホテルの朝食をパスして、街へ。

「南豊魯肉飯」
高雄苓雅區自強三路139號

ガイドブックで「自強夜市」と紹介されているこのあたり、
午前は夜のための仕込みでとても忙しそう。

噂の「魯肉飯」。
期待しまくって行って、外れることもよくあるけど、
ここのは期待以上にうんまかったぁ!
どっぷり大きな豚バラ。
しっかり脂抜きされているので、全くしつこさがなく、
臭みもなく、甘すぎないタレ、まさにド・ストライク♪

一緒に指差し注文した「肉操飯」「苦瓜封」も美味しかったけど、
やっぱり「魯肉飯」!本当に美味しかった!

大満足のブランチの後は、お散歩。

寺院の境内で開催されている市場。
新鮮な野菜が地面にざっくり並べられている。

午前の早い時間から暑くなり始める…

お昼前には、バスを乗り継いで「塩埕埔」に到着。

お目当は、「大溝頂市場」という地元の市場の中にある「虱目魚」(サバヒー)のお店。

台湾、フィリピンや、東南アジアではメジャーな魚「虱目魚」(サバヒー)。
サバ?鯖?と、思っていたけど、真っ白なスープが到着。

これは↓「綜合湯」

これでもカーッ!ってほど、サバヒーの切り身が入ってました。
魚独特の臭みはあるもの、あっさりしながら旨味たっぷりのスープが美味しい♪
テーブルに用意された、豆板醤や、ニンニクをプラスすると、スパイシーに変化♪

「大溝頂虱目魚米粉湯」
高雄市鹽埕區新樂街198之38號
TEL 07-521-4919
営業時間 05:30-13:30


店内の雰囲気が、地元感たっぷり…。
でも懐かしいような…。

高雄4日目夜

4日目、旗津のビーチから戻って、
高雄の中心地「美麗島」へ。

麺カフェ「麺・微涼」
高雄市新興區球庭路101-1號
TEL 07-2166599

ワイン&クラフトビールを飲めるというので、行ってみました。

しかし、メニューにワインがない!

聞けば、
ワインは基本的に店主のお友達が自分用に買い置きしてる物とのこと。

でも、私たちがあからさまにしょんぼりしてると、

「大丈夫!今あるワインを出します!」とニッコリ。

フランスのお洒落なクラフトビールをチェイサーに、
赤ワインをクピクピ…。

ここは麺料理のお店なので、
酒の肴のメニューは少ないけど、
軽く一杯やるにはちょうど良い。

扉で仕切られてない半屋台風の店内。
昼間の暑さを残した風が通り、
いい気分で過ごせました。

お勘定を願いすると、お会計が思ったより安いような…?

「最後のワインは、友人の物で値段をつけられないからサービスです。高雄はいいところです!また是非遊びに来てください」
と店主のお兄さんが再びニッコリ。

こういうおもてなしに触れると、
本当に「またここに来よう!」と思う。

帰り道で出会った
「愛玉水」屋台で爽やかな甘さにさらに癒される…

高雄・愛河の緩やかな流れを眺めながら夜散歩。