ワインの村へ

ドイツはビールが有名だけど、
ワインも生産されています。

そして、ドイツワインと言えば…
「甘口の白ワイン」のイメージが強いですが、

ライン川の支流であるアール川流域では、
主に赤ワインになる「ピノ・ノワール」、ドイツでは「シュペートブルグンダー」(Spätburgunder)と、呼ばれているワインブドウ品種が生産されています。

この地域の赤ワインは希少で、高級ワインとして流通しているそう。
(東京のワイン専門店で見かけた時は1本1万円近くしていたような…)

滞在しているケルンから電車で1時間半ほどの移動で、
この地域に行けることがわかったので、
美味しいワインを求めて一人アール村へ行ってみることにした。


「ケルン中央駅」(Köln Hauptbahnhof)から、
快速列車で1時間ほど南下した「レマーゲン駅」(Remagen)へ

途中、車窓からは滔々と流れるライン川、またその両岸には古城が点在。
「レマーゲン駅」(Remagen)のホームからも古城が見えました。
ここが「レマーゲン駅」(Remagen)。地方の小さな駅舎の雰囲気がいい感じ。
「レマーゲン駅」(Remagen)からは、
2両ほどの小さな列車に乗り換えて
「アールヴァイラー マルクト駅」(Ahrweiler Markt)へ。
到着した「アールヴァイラー マルクト駅」(Ahrweiler Markt)は、
駅舎もない、バス停のような駅!
線路からは見渡す限りのブドウ畑が…
線路を渡る橋の上にはこの辺りの案内図。

この「アールヴァイラー マルクト」(Ahrweiler Markt)は、
「城郭都市」になっていて、街の周りがレンガの壁で隔絶され、門を通って中へ入る。
ドラゴンクエストか…進撃の巨人か…
とにかく、この雰囲気、すっごくワクワクします!

門を通った中は、





ここは温泉地であり、カジノもあるので、観光客が多い。
ちょっと変わった洋服屋さんを発見。
アルプスの少女ハイジ的な洋服が…
色も形も様々で…かわいい!欲しい!(←いつ着るんだ?)

入ったきた門の反対側の門のそばで街の案内図を発見。
本当にぐるっと壁に囲まれた街になっているんだなぁ…。

街を一通り散歩して、中心部のカフェで一休み。
この街に来た目的アール・ワインをいただきました!
 高級ワインとして希少流通しているものではなく、
「シュペートブルグンダー」(Spätburgunder)の地ワイン。
大きめのグラス1杯2.8ユーロ(≈370円)。
洗練された味わいではないけれど、華やかで豊かな香りとこの土地のパワーを感じるしっかりした味わい、アール川の綺麗な水を感じる喉越し。
カフェのおばちゃん手作りのケーキと合わせて「地元の味」堪能しました。
あーすっごく癒されるなぁ…。

ブリュッセル観光

「サン・ミッシェル大聖堂」から、
ブリュッセルのNO.1観光スポットである「グラン=プラス」へ。

ここまで少し怖い思いもしたけど、
ブリュッセル滞在数時間で、
ベルギー王国の華やかさに出会い続けている。

しかし…

この「グラン=プラス」…すごかった…grandplace

この360度美しい広場の中心でくるくる回ってたら、

め、め、眩暈が…

子供の頃みた絵本の中の世界。

でも、不思議な「圧」を感じる。華やかで煌びやかなこの広場が受け入れてきた歴史の重さだろうか…

そして、観光客もすごい…こんなにたくさんの人種を一度に見たのは初めてだ。

…世界は広いなぁ…

広場を後にして、路地を歩く…

ホッとする…。

何にも考えず広場に背を向けて歩いていたら、
中央駅の方に足が向いていた。

…なんだか疲れた…
もうケルンへ帰ろう…。

中央駅に向かう道の途中、この景色に出会った。
短時間滞在なのに、いろいろあったけれど、ここベルギーに来られて良かった…。

————–

再び中央駅。

ドイツに戻る列車が発着する北駅まで
私が持ってるジャーマンレイルパスで行ってもいいのだろうか?

往路と同じなら大丈夫なはずだけど、はっきりしない…

何はともあれ「中央駅ー北駅間の切符を買っておこう」と、
決めたけど、ブリュッセル市内交通の切符の買い方がわからない。

ドイツ鉄道(DB)アプリで調べたら、
次のケルン行きのICEの発車まで時間があまりない…早く北駅へ移動したい。

「もういいや、券売機で一番安い切符を買おう!」
切符を持っていれば、何か言われても「間違えた」と言えるし。

そうして、切符を何とかゲットしたものの、
今度はホームがわからない…
そういえば、ここから出てきたんだから、ここを下がれば…

あ、、、あった!

今度はどっち方面の電車に乗っていいかわからない…
間もなく発車する電車に飛び乗る前に、
みつけた駅員さんに聞いたら、

「こっちは逆、向こう側の電車に乗りなさい」と教えられた。

そして、何とか無事に…

ブリュッセル北駅のホームにICEが入ってきた時、心底ホッとした。


帰り道。車窓から見える景色に故郷・北海道を重ねて……

デュッセルドルフへ

「アーヘン」のハイライトを堪能したところで本格的に雨が降り出した。

ちょうど見つけた本屋さん(蔦屋書店のようなお店)で一休み。地元の家族連れや学生さんたちが、のんびり過ごしている。そんな日常の風景に混じっていると、ここがホームのような…のんびりした気分になってくる。
…本当にとても居心地の良い街だな…。

この本屋さん休憩しながらドイツの情報を検索して、
たまたま見つけた「アルト」ビールの話。

ドイツは各地域で様々なビールが造られている。
ケルンは「ケルシュ」という爽やかであっさり飲みやすいゴールドのビールがある。お隣町のデュッセルドルフでは、「アルト」という琥珀色のビールが名物との事。

少し遠回りになるけれど、ケルンに帰る前にデュッセルドルフに寄って「アルト」を飲んでみよう!と思い立った。

ドイツ鉄道(DB)アプリで時刻を調べると、
アーヘンーデュッセルドルフ
を直通でつなぐ快速電車は、この時間帯、1時間に1本程度。
あと20分で発車予定。

急いで本屋を出るとまた晴れ間が出ていた。

アーヘン−デュッセルドルフの快速列車に飛び乗る。

2階建て車両の2階席を確保。

外の景色は故郷・北海道(笑)
およそ1時間30分の列車旅。
デュッセルドルフ中央駅に到着!

中央駅から徒歩10分。
「アルト」ビール発祥の店「シューマッハ(Brauerei Schumacher)」

まだ夕方の早い時間なので、それほど混んでなくて…
使い込まれた酒蔵の雰囲気いいなぁ…

「ビールでいいの?」っていう感じのドイツ語でおじちゃんが話しかけてくれたので、笑顔で頷いたら…

アルトビール♪きたー!
一杯オーダーするごとにコースターに線が引かれる。


メニューはドイツ語で読めませんが…
なんとなくオーダーしたらハンバーグだった(笑)

このおじちゃんが優しく対応してくれました!