池尻・日本酒の聖地へ

予約困難、SNSの掲載お断りという事で、あまり情報が出ないお店、池尻大橋にあるつくしのこ。

初めて伺ったのは2008年1月でした。
この頃は予約が無くても入店できて、メニューはオーダー制でした。
今は水か日本酒しかありませんが、この頃はビールもメニューにありました。

初めての時食べた「焼きしめ鯖」はこれまで味わったことのない旨味の塊で、オーダーすれば普通のコップにごぶごぶ注がれる適正価格の十四代(本丸)にびっくり、そして感動、素敵なお店に出会えて大喜びしたのだった。

その後、ネットで騒がれるようになって、日本酒を飲まないお客さんが来たり、稀少な日本酒ばかりオーダーして残したり…飲み方が酷い人が増えた事など、お店にも常連の日本酒好きなお客さんにとってもよくない事が増え、今はお店の方が知ってる携帯番号からの予約じゃないと受けない、料理と日本酒のコースのみというカタチになった。

コロナになってなかなかこれまで通りにはいかない日々。ついに今年の春は通常の営業をお休みする事になり、半年前から私が持っていた予約はキャンセルになってしまいました。
しかし、この4月頭、土日の早い時間だけやっているとのことで、急に予約が取れて久々に伺えました!(現在はお酒の提供が禁止されているのでお休みです2021.5)

いつもの「ひたし豆」からスタート。

ビール代わりの獺祭で喉を刺激したら日本酒スイッチオンw

ところで…いつも美味しい料理を作ってくれるお母さんが今日はいない…どうしたのかな?と思っていたら、なんと療養中とのこと。
ここ数ヶ月、日常のリズムが変わり体調を崩してしまったのだと言う。今は完全にワンオペで息子さんが営業していた。昔から一人でフロアを回しているけど、お料理まで作ってお店をやるのは本当に大変そうだ…。

刺し盛り。今は仕出し屋さんにお願いしてると言ってました。とても美味しいお刺身だけど、いつものお母さんのざっくりした切りつけの豪快な盛りが恋しい…

秋から春先までの限定メニュー「鴨鍋」。
根っこ付きのセリが鴨の脂を纏って仰け反るほどうんまい!

この日は通常料金にプラスして少し多くの種類のお酒をいただきました。

まだしばらく難しい日々が続きそうですが、次に伺えるときには、また元気なお母さんの笑顔と手料理に会いたいな。

「池尻・日本酒の聖地へ」への2件のフィードバック

  1. まだコロナ前、2-3年前に一度知り合いに呼んでいただき
    お伺いしたことがありますが
    料理もお酒も大変美味しく、とても素晴らしいお店でした!
    是非コロナに負けず、頑張って欲しいです。

    1. カメさんコメントありがとうございます。お母さんの手料理と日本酒、実家に帰ったようなホッとする味わい大好きです!無理なく長く続いて欲しい酒場です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です