ケルン

このケルン滞在で宿泊していたのは、
ケルン大聖堂からライン川の対岸にあるホテル「ハイアットリージェンシー・ケルン」Hyatt Regency Cologne。

毎朝、ケルン大聖堂を眺めながら朝食を食べました!

普段、朝食は「米」派なので、毎朝パン食はちょっとキツかったけど…美味しいチーズ、食べ放題の生ハム&スモークサーモン、鮮度抜群の野菜と果物。スパークリングワインも飲めちゃいますw
ドイツでは、生の豚肉を食べる習慣があります。
ちょっと怖いけど、生肉好きの私…挑戦してみましたよ〜♪
赤身の豚肉を使っているので、あっさりしていて食べやすい!

ーーーーーーー

ケルンの旧市街を散歩


ケルンの定食屋さんでランチ(夜はパブ&レストラン)

やっと「米」に出会った!
ーーーーーーーー

ケルン市内を走るトラムに乗ってみた。

どこに行っても昼からビール飲んでるんだよね…w

ーーーーーーーーーー

NHKの番組「世界入りにくい居酒屋 ケルン編」で紹介されていた「ロミーの家」は、ホテルからとても近かったので、毎晩通いましたよ〜!
いろんな場所でケルシュを飲んだけど、ここのケルシュが一番美味しかったなぁ!
 地元の人御用達のお店だから、仕事帰りに一杯やってるケルンの人たちのリアルな日常に触れることができて嬉しかった。
一人で食べきれない名物「電話帳カツレツ」。ポテトサラダも美味しかったけど、とにかく量が多すぎて…残してゴメンなさい、、

ーーーーーーーーーーー

ホテルから一番近い駅「ケルン・メッセ/ドイツ駅(Bahnhof Köln Messe/Deutz)」に併設されているレストランにも行きました。
ここの「シュヴァイネハクセ(Schweinehaxe)」豚のスネ肉料理は圧巻!
またしても一人じゃ食べきれない…w

解体するとこうなります。煮込まれてから調理されているから柔らかいし食べやすいんだけど、量が…。。。

ーーーーーーーーーー

午後8時を過ぎてもこの明るさ。

さぁ夜はまだこれから!
旧市街の老舗ジャズライブバー。
とても有名なお店だそうで…この夜もほぼ満席。
おじいちゃんバンドによるジャズライブ。
演奏が上手くはないけど…汗、、
充実の表情で音楽を楽しむおじいちゃんたち。
素敵な老後だなぁ…♪

ーーーーーーーーーー

ホテルのバーでこの近くで作られたジンを飲みました!
トニックウォーターのデザインがイケてる♪
コンクールで、本場イギリスを抜いたという実力派のジンだそう。香りがあっさりしていて飲み飽きしなさそう。

そしてまたケルンの朝が来る。

ケルシュ!

ドイツのビールは地域によって個性がある。

今回、滞在しているケルンには「ケルシュ」という名物ビールがある。

200mlのシュタンゲと呼ばれる細長いグラスに注がれるビールは、
爽やかでスッキリ飲みやすい軽いビール。

「ケルシュ」と呼ばれるには、「ケルシュ協定」に加盟、認定を受ける必要があるとの事。
ドイツの人たちは、自分の地元のビール愛がとても強いそうだ。
だからこそ、そのビール文化を守り育てる努力をしている。

ケルシュを一度オーダーすると、
おかわり用のケルシュを持ち歩く店員さんにチェックされ、
おかわりがどんどん用意される。
「わんこそば」ならぬ「わんこビール」。

おかわりが要らなくなったら、
こんな風にコースターでフタをしないと、次のビールを用意されてしまうのだ。

ケルシュには様々な種類があり、お店によって扱う銘柄が違う。
この滞在中、出会った「ケルシュ」は6種。



同じ「ケルシュ」でも、銘柄によって味の特徴が違う。
さらに提供するお店によって味わいが違う。

ケルシュ愛が強いお店のケルシュは、顔がにやけてしまうほど格別の美味しさで、日本でビール党でない私だけど、
その軽い飲み口と、安さ(1杯だいたい200円前後)もあって、どんどん飲んでしまう(笑)

タイの旅食日記その2

イサーン地方旅、初日ディナー。

サコーンナコーンのお医者さんが経営する
ヘルシータイ&ベトナム料理店に連れて来ていただきましたよ。

まず、登場したのは、
・バタフライピージュース
ちと甘い。そしてちと温い。

バタフライピージュース

「体を冷やさないように配慮して氷を使っていません」
とスタッフさん

なるほど。

harumaki

・ポーピヤ トート(揚げ春巻き)

namazusalada

・ヤム プラー & ヌン パク(魚のサラダ・蒸し野菜)

namazu

・プラー トート メットマムアンヒマパーン(魚のフライのカシューナッツ和え)

soup

・ゲーン リアン(野菜スープ)

どれもとても優しい味付け。

「化学調味料は一切使用してません」
とスタッフさん

なるほど。

ところで、ビールオーダーできますか?と、聞いたら、

「体のことを第一に考えたお店なのでアルコール類は一切ありません」
とスタッフさん

うーん。
なるほど。
・・・

夕食が終わって、
ホテルに送迎された後、

ホテルを抜け出して向かいにある屋台で
「チャンビール」をいただきました(笑)

beerchan

さらに、
近くのスーパーで購入したタイ産ワイン。

winethai

ホテルの部屋に帰って
開けて、飲んでみたら・・・

ギャーーー

酸っぱい。。。。

ダメだこりゃ。。。。

タイの旅食日記その1

暑い日差しを歩き回って、
汗だくなっている私たちに冷たいおしぼりと、
ひんやり冷たい青いジュース、青いおやつが用意されていた。
blue2
この青い色は「バタフライピー」という花の色との事。

「これは、髪の毛、肌にもすごく良いですよ。たくさん食べてください」

微笑むタイの優しい顔にほっこり…

blue1blue3
飲食物に青といえば、ブルーハワイしか知らなかった…

ランチは、ステーキハウスへ。
lunch1

「豚と牛どっちがいいですか?」
と、タイのスタッフに聞かれて、一瞬固まる。

(イサーン地方料理じゃないのか…残念、、、)

lunch2lunch3

とても食べ応えのありそうな贅沢なステーキだが…

残念と、思っていたのは、私だけではなかったようで、
メンバーみんなテンションが低い。。。

と、そこへ登場したのは、
lunch4

わーーーい!

と、テンションが上がったのは、数名だったけど(笑)