世界遺産バンチェン2

ランチは、バンチェン村のおばちゃんたちの手作り郷土イサーン料理。

・ゲーンジュー ガイバーン(地鶏とタマリンド葉のスープ)
・ラープ ベッ (アヒルのラープ)
・サイグローク イサーン(イサーン風ソーセージ)
・パット キン ガイ(豚の生姜いため)
・カーオ パット(焼き飯)
・カオ ニャオ(もち米)

私たちの訪問のために、捌いてくれた地鶏のスープは、
臭みなく、しっかりとした肉の旨みが滲み出ていた。
自分の畑で採れた野菜や、ハーブ。

この土地の生命をいただきます。

観光客はまだ少なく静かで穏やかな村でした。

バンチェン遺跡。
博物館には、発掘作業の様子や出土品が展示されています。

ウドンターニーのホテルは
「ブラウンハウスホテル(Brown House Hotel Udonthani)」
部屋から見える沼には綺麗な蓮の花が咲いてました。
今回はプールを満喫する時間がなくて残念だった…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です