Breaking ball

たまには毛色の変わったお酒を。

「Cruz Vieja Palo Cortado en Rama」
クルス・ビエハ パロ・コルタド エンラマ

十数年前のスペイン旅で出会って以来、シェリー酒好きです。
手に入りやすいフィノやマンサニージャ、アモンティリャードなど辛口でスッキリしたものを飲む事が多いですが、今夜出会ったのはパロ・コルタド。しかもエンラマ(無濾過)。
「パロ・コルタド」とは、シェリーの種類の一つだそうで、”アモンティリャードとオロロソの中間”的な存在。

うーん、ムズカシ、、、

で、味わいは…
確かにオロロソのほどまろやかではなく、アモンティリャードのようなスッキリ感がない。

でも、美味い!

さらりとしてるのに奥行きを感じる。
お高そうなのでゆっくり味わって…と思っているのに、スルスル飲めてしまう。
さらにもう1杯。

「Domaine Jean-François Ganevat Vin Jaune」
ドメーヌジャン・フランソワ・ガヌヴァ ヴァン・ジョーヌ
自然派ワインの造り手としてとても有名で、以前、相方の誕生日プレゼントにと、いただいて以来すっかりファンになってますが、なかなか手に入りにくいドメーヌ。

そのヴァン・ジョーヌをいただきましたよ。

フランス・ジュラ地方で生産されるこのヴァン・ジョーヌ(黄色ワイン)。

黄色というより、ゴールドのような深い輝き。
グラスを口元に持っていくと艶やかで芳醇な香り。

あー、ヤラレタ、、、

口に含む前に、ノックアウトです。

もうわかるもん、

美味しいやーつだよね。

私の貧弱な語彙力じゃ…(泣、、、

頑張れアタシ!

言葉を、表現を、絞り出せ!

………

ごめんなさい。

本当に素晴らしいワインでした。
出会えて嬉しい。

素敵なお酒との出会いの夜。


港区赤坂2-16-19 赤坂イイヌマビル B1F
03-5570-4117

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です