弟子屈町〜釧路湿原

私の故郷・弟子屈町は、釧路市内から車で1時間半ほど。

まずは、弟子屈へ来たなら絶対寄りたいお店へ。

「いぶき」。
物心ついた時には、ここのラーメンを知っていた。
ということはもう30年以上…汗、、

今や関東方面へも進出している「弟子屈ラーメン」の店主さんが、若い頃、こちらのラーメンを学びに来ていたと「いぶき」のママが教えてくれた。

(「弟子屈ラーメン一号店」が札幌に開店した時、気になって食べに行ったなぁ…。。。それから、この10数年でブレークした現在の“弟子屈ラーメン”と、この「いぶき」のラーメンは、全く似ていない別物です…弟子屈ラーメンの店主さんは様々な所で研究されたのだと思います。)

もともと「いぶき」は、夜しか営業していない焼肉屋さんだった。
お店が移転してからは、ラーメン屋さんとして営業している。

久々に会うママも相変わらず。
そしてラーメンも。
「いぶきラーメン」
脂の層で、どんなに寒くても、丼から湯気が立たない。
見た目以上にこってりしたラーメン。

この辺りは、冬、外に出るだけで鼻毛が凍るほど寒い地域、そんな寒い時期に来ても、ここのラーメンは熱々で食べられるのが嬉しい。

もう胃袋が必要以上の脂を受け付けなくなって来ているけど、ここのラーメンは、たとえお腹の調子が悪くなっても、絶対食べたい!
まさに「故郷の味」。

ラーメンの後、
スーパー福原(釧路を中心にしたスーパーマーケットチェーン)に立ち寄ったら、これまた「故郷の味・花咲カニ」が激安で売られていた。

まだサイズが小さいものの、
漁がはじまって、冷凍していない花咲カニは、まさに今が旬。(買い占めて持って帰りたい)

「ウニ」も一折、800円だった…安いなぁ。。。

———-

ご先祖様にご挨拶をして、再び釧路市へ。

途中、
「くしろ湿原パーク 憩いの家かや沼」で日帰り温泉に立ち寄りました。

露天風呂は森の中にいるようないい雰囲気でした…が、

あ、あ、熱”いっ!!!

油断して足をさっと入れたら、ビクって引っ込めるほど熱”い(笑)

熱い風呂は好きだけど、

リアル熱湯風呂www
(冬はちょうどいーんだろうなぁ…)

お風呂から上がって、畳の休憩所で一息。

あー、、、汗が止まらん、、、

北海道でこんなに汗かくの初めてかもしれない。。。

でも、汗かいて昨夜の酒が抜けてスッキリしたーっ!

帰りのドライブ。
本当はこの季節は清々しい晴天が多いはずなのに、今年は梅雨のような天候が続いてるいるそう。
でも車中から見る「塘路湖」の夕暮れは釧路湿原らしい風景。写真では見えにくいけど、奥の方に夕日の淡い赤が美しかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です